総量規制ってなんですか?

消費者が消費者金融やクレジット会社から借り入れ出来る金額を規制することを総量規制といいます。
送料とは金融業社からの借入総額のことを言います。
規制の対象となる金融業者から借り入れできる金額は個人の年収の3分の1以下の範囲内となります。
注意点として1社からではなく複数社から借りる場合はその合計額が年収の3分の1以下に止めなければいけないということです。
例えば年収150万円の方であれば上限は50万円までとなり、A社から50万円の借り入れをすれば総量規制の対象となる金融業者からは一切借り入れできないということになります。
総量規制の対象となるのは消費者金融、信販愛車、クレジットカード会社からする借り入れです。
銀行のローン、住宅ローン、マイカーローンは総量規制の対象にはなりません。
総量規制の対象とならない銀行等からであれば年収3分の1を超える借入も可能ですが、総量規制は個人が無理なく利用できる指標とも言えますので、いくら総量規制の対象外でも簡単には借り入れできないということは覚えておきましょう。
また総量規制が施工されてからは一定金額を超える借入をする際は自身の収入を証明する書類を提出することが義務付けられており、これを拒否することは出来ません。
提出しなかった場合は融資不可となりますので注意しましょう。お金借りるとき即日融資なのは?